ノロウイルスの感染を防ぐコツをご紹介!素早く消毒

ウーマン

吐き気などを催す

細菌

ノロウイルスは1968年にアメリカで発見されたウイルスで、感染すると胃腸に異常を発生させることで知られています。主な症状は下痢です。ノロウイルスに感染した場合は、食事をしても下痢をするのでとても辛いとされています。また、加えて吐き気や嘔吐を伴う点もノロウイルスの特性だと言えるでしょう。潜伏期間は1~2日くらいで、初期の段階から激しい嘔吐感や下痢に見舞われます。嘔吐感に耐えられず吐いたとしても、嘔吐感が完全に解消されることはありません。そもそも胃と腸がダメージを受けている状態なので、潜伏期間中は症状を我慢するしかないかもしれません。胃や腸というのは、普段我々が立って行動をしている時重力の影響を受けています。その為、ノロウイルスによる症状を少しでも和らげたいと言う方は、身体を横にしてベッドで寝そべると良いかもしれません。身体を横にした状態というのは、胃が楽な体勢なので少し症状が和らぐことが期待できます。他にも有効的な方法はありますので、担当医などからアドバイスを頂いて実践するのも賢い選択ですよ。

ノロウイルスを発症すると満足に食事ができません。その為、そういった状態に陥りたくないという方は日頃から予防法を実践することが大切ですよ。例えば、接触感染を防ぐ為にクエン酸を配合した除菌剤を活用するのも良いかもしれません。クエン酸が配合されていることによって、アルコールの消毒効果を高めてくれますよ。興味がある方は情報サイトなどで調べてみましょう。